online viagra

各保証協会(全宅と全日)の費用と手続比較

前項の保証協会への加入で、1000万円の供託をせずに宅建業の営業を開始する事業者は保証協会へ加入する必要がある旨説明致しました。

そこで、お客様から多く頂くご質問が、

全国宅地建物取引業保証協会「ハトマーク」(以下「全宅」と言います)と全日本不動産協会(不動産保証協会)「ウサギマーク」(以下「全日」と言います)のどちらが良いのか?

についてのご質問について以下両協会についてご説明致します。
以下、東京での手続を基に説明致しますので、東京以外は手続が異なる場合がありますので予めご了承下さい。

入会費用が安いのは「全日」(ウサギマーク)です

全宅の入会費用は東京でおよそ156万円程になります。
HP上では145万円程度と記載がありますが、政治連盟への加入で約10万円程必要になり、合計156万円程になります。

全日は平成27年度4月から東京での入会に関しては、入会費用が約139万円程になります。

全日本不動産協会 東京都本部 入会費用

因みにどちらの協会に加入してもレインズは使用出来ますし、サービスの違いはそれ程異なりませんので、どちらにご加入頂いても特に問題ありません。

免許取得から営業開始までの手続が早いのは「全日」(ウサギマーク)です

東京での宅建免許申請の流れとしましては、都庁へ免許申請し、書類が受理されたその日から両協会への加入申請が可能となります。

従って、都庁へ免許申請する前から加入を検討している協会の申請書類を作成しておけば、都庁へ申請した帰りにそのまま入会申請することが可能です。
※地方では県庁からの免許通知が来てからでないと申請を受け付けてくれない協会もありますので、事前にご確認下さい。

全日は支部など関係なく、東京での加入申請は全日ホームページより入会申請書類の取り寄せを行うことが出来ます。

全宅は全宅のホームページより書式をダウンロードすることが出来ますが、全ての申請書類がダウンロード出来る訳ではありませんので、入会を検討している支部から書類を取り寄せる必要があります。但し、支部によっては電話での取り寄せに応じてくれない支部もあり、その場合は一度支部に足を運んで直接書類を頂いて来なければなりません。

協会加入申請を行った後の流れですが、いずれの協会も都庁からの免許通知があるまでに事務所の調査を行います。事務所の調査には代表取締役と専任の宅地建物取引士の立会いが必要になります。

事務所調査が終わった後は、都庁からの免許通知(ハガキで届きます)があるまでの間はどちらの協会も特に変わりはありません。

都庁から免許通知があった後に関しては、どちらの協会も通知が届いたその週の木曜日に全日、金曜日に全宅が法務局で供託手続きを行います。全日は木曜日に供託した翌日には供託の書類を当該会社宛に発送致しますので、その翌週月曜日には書類が届きます。当該書類が届きましたらそれを都庁3階の不動産業課の4番窓口に持って行くとその場で免許証の交付が受けられます。

全宅は金曜日に法務局に供託手続きを行い、供託の書類を本部から支部、支部から当該会社へ郵送しますので、会社に書類が届くのが全日より若干遅く、翌週半ばから後半になります。当該書類が届けば上記同様に都庁に持って行くとその場で免許証の交付を受けられます。

従って、全日の方が営業開始までのスケジュールが全宅よりも2~4日程早くなります。

全日と全宅のどちらが良い?

以上を比較検討しますと、全日の方が費用の面でお得且つ営業開始スケジュールは全宅より早いと言えます。

1日でも早く営業を開始したいという方や少しでも費用を安く抑えたいという方は、全日の方が東京に関しては良いと言えます。

お客様との信頼関係構築を第一に考え、迅速かつ丁寧なサービス提供をお約束致します。
関東一円対応!相談問い合わせ無料 宅建免許取得・会社設立にお悩みの方は遠慮無くお問い合わせ下さい!
宅建業免許申請代行・開業支援センター
行政書士山下綜合法務事務所
代表行政書士・個人情報保護士 山下 剛芳
東京都調布市仙川町1-10-4 第2伊藤ビルA-205号
TEL 03-6666-1855/FAX 03-5314-9292
E-mail :
事務所総合サイト : http://www.usolution.jp/

このページのトップ