online viagra

万が一に備え公的融資の実績を積む

借入れの一切無い経営はノーリスクと言えるでしょうか?

いいえ。ノーリスクとは言えません。借入れの無い経営は、見方を変えればハイリスクとも言えます。

「借金無しに会社を回しているのだから、どう考えても借金している会社よりもノーリスクだろう」という声が聞こえてきそうですが、確かに借入れがなく会社を経営することは素晴らしいことです。事業も右肩上がりで一生お金には困らないと100%言い切れるのであれば、借入れなしでの経営でも良いとは思いますが、現実はそんなに甘くありません。

会社経営は良いときもあれば、悪いときもあります。これは実際に会社を経営されている方であれば、ご理解頂けるはずです。そして、これから会社を設立して経営者になる方は先にご理解下さい。

会社の経営状態が悪化して、資金繰りに困ったときに誰もが思いつくのが、金融機関(日本政策金融公庫、銀行等)からの融資です。(これから起業しようと思っている方には縁起でもない話で申し訳ございませんが、非常に会社経営において重要な部分ですので、目を通して頂きたいと思います。)

会社の経営状態が悪化して、初めて金融機関に融資の申し込みを行うという方が結構いらっしゃいますが、経営状態が悪化してからの融資は降りづらいというのが現状です。

金融機関と言えど慈善事業ではありませんから、お付き合いのない会社で、経営状態が悪化している会社に簡単に融資はしません。逆の立場になれば、貸し倒れる危険性のある会社にわざわざお金を貸そうとは思いませんよね。金融機関と言えど、これはごく普通な発想です。

こんなときに初めて、借入れをせずに経営を行ってきた方は思うのです。
会社に余裕があるときに融資を受けて実績を積んでおけば良かった…」と。

しかし、路頭に迷ってからでは遅いのです。会社が潰れてしまってからでは遅いのです。

借金をしないことに拘っている方に限って、上記のように金融機関との取引がないために、低金利の融資を受けることが出来ず、結局は高金利の消費者金融やビジネスローンに手を出してしまうケースが少なくありません。高金利の融資を消費者金融等から受けてしまうと、ますます日本政策金融公庫などの低金利融資を受けられなくなってしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

従って、上記のようなケースに陥らないためには、予め金融機関とお付き合いすることで実績を積み、信用を得ることで与信を作っておくことが経営者には必要と言えます。

たとえ、今融資を受ける必要が無くても、融資を受けるようにしておいた方が良いと言えます。日本政策金融公庫などは非常に低金利で融資を受けることが可能ですので、わずかな金利を金融機関に支払うことで、本当に融資が必要になったときに門前払いを受けない関係構築が必要と言えます。

但し、何の計画性も無しに過大な負債を抱えることはおすすめ出来ませんので、融資を受けるからには、事業計画をきちんと策定し、計画的な事業戦略を構築して頂きたいと思います。

日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)では、新創業融資制度という融資制度がございます。無担保・無保証人で最大1000万円まで融資を受けることが可能ですので、創業時には非常に有難い制度と言えます。金利も3%前後と非常に低い金利となっているので、創業時にスタートダッシュをかけるためのテコ入れとして融資を受けておくということも検討されてみてはいかがでしょうか。

お客様との信頼関係構築を第一に考え、迅速かつ丁寧なサービス提供をお約束致します。
関東一円対応!相談問い合わせ無料 宅建免許取得・会社設立にお悩みの方は遠慮無くお問い合わせ下さい!
宅建業免許申請代行・開業支援センター
行政書士山下綜合法務事務所
代表行政書士・個人情報保護士 山下 剛芳
東京都調布市仙川町1-10-4 第2伊藤ビルA-205号
TEL 03-6666-1855/FAX 03-5314-9292
E-mail :
事務所総合サイト : http://www.usolution.jp/

このページのトップ